廃液蓄積設備はマイクロラボ業界のトップレベル



廃液垂れ流し防止
(マイクロラボの業界最大級の廃液タンクを設備)


当社


他社

廃液の垂れ流し防止

考慮した当社独自の巨大タンクを駐車場下に設置。

現像液・定着液を
それぞれ500リットル×2漕
タンクで貯蔵。

      昭和57年・当社 本社ビルが建設された時に設備。

昭和56年の新ビル設計の時点で、巨大な廃液タンクの設置や効率のよい水洗処理(流水3漕設計)等のマイクロフィルム専門業者としての独自設計のもと作られた設備であります。

定期的に廃液業者が廃液を収集しにきます。

産業廃棄物管理票(マニフェスト)制度(平成10年12月1日施行)は、現像液廃液、定着液廃液は、制度に則った廃液処理が必要です。小さいタンクでは許容できかねます。マイクロ業者の廃液設備と廃液処理方法を必ずご確認ください。

大きめのポリ容器などでは
正しい対応処理が大変。